占いの種類

占いの種類とは?

占いは一般的に全部ひとくくりにされがちですが、実は大きく分けて3つの種類があります。
それぞれ命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)の3種類に分かれており、占い師や占いの方法や相談者の悩みの種類に合わせて使い分けている場合が数多くあります。
占いたい目的に応じて使い分ける事により、占いの精度や相談者に対する答えを導きだしています。

占いの種類記事一覧

命(めい)の占いとは?

命(めい)の占いとは、人間が生まれた生年月日などの時間軸をもとにして鑑定する占い方法です。またその人の生まれた場所や地域などを加味して占う事もあります。命の占いはその人の生まれながらにして持っている運命(宿命)や、本人の資質そして将来の行方などを占います。ある意味この命の占いは、占いの基本になるとも...

≫続きを読む

卜(ぼく)の占いとは?

卜(ぼく)の占いとは、人間がかかわり合う世の中に起きる出来事や事柄を占うものです。卜の占いは、時間、出来事、方位などのデータを元に占います。偶然性のあるものを使って占う方法ともいえます。何かを決断しなければいけない時などに使われる事が多い占いです。

≫続きを読む

相(そう)の占いとは?

相(そう)の占いとは、人間の目で見る事ができる事柄や、姿かたちを見て人間に対する影響を鑑定する占い方法です。この世に存在するものにはすべて姿かたちがあります。物の形にはすべて意味があり、その意味を読み取る事で人間に与える影響を占います。また形が日々変化するものもあるので、その変化により人間に与えてい...

≫続きを読む